メンタルヘルス

臨床検査会社として30年以上の実績を持ち、300種類を超える検査を提供しています。

300種類の検査

神経伝達物質検査

  3項目 – 検査可能検体:尿

検査項目のご案内


メンタルヘルス

あなたの神経伝達物質はバランスがとれていますか?

神経伝達物質は、脳から体へ情報を伝達する神経系で使用される化学物質です。これらの化学物質は放出後、全身のニューロンを通過します。神経伝達物質は、気分、痛み、喜び、幸福、悲しみなど、あらゆる感​​情を司っています。また、エネルギー、食欲、筋肉の制御などを含む身体のすべての生理的機能も神経伝達物質がコントロールしています。

栄養素の著しい欠如や摂取過剰によって精神的な問題が発生します。神経伝達物質のバランスを図る上で、栄養素の摂取量と精神的な問題との関連を理解することは必要不可欠です。神経伝達物質のバランスをとることは、精神の健康管理の基礎となります。栄養は、睡眠の質や、私たちがどのように感じ、どのようにストレスを対処するかなどに関わり重要な役割を果たしています。神経伝達物質のバランスがとれているとき、身体の生理機能は正しく働き、私たちはプラス思考で幸せな気分になり、意識を高く持つことができます。

神経伝達物質のバランスが崩れることで起こる症状例

神経伝達物質のバランスが崩れることで起こる可能性がある精神障害の症状には、以下のようなものが挙げられます。

  • 不安症
  • 気分の落ち込み
  • 嗜癖行動
  • スタミナ減退/疲労
  • 記憶力の低下
  • 恐怖症
  • うつ病(疲労性)
  • うつ病(神経性)
  • 不眠症/睡眠不足
  • 易刺激症/神経質
  • ストレスのコントロールができない
  • 無気力
  • 性欲減退
  • 自殺願望
  • 社会的疎外感
  • 異常/強迫行動
  • 頭痛(片頭痛)
  • パニック
  • 心配
  • 集中力の欠如

化学的不均衡は、研究所の検査を通じてのみ特定できます。 iPathMedlabs社は、尿検体を使用した3つの異なる神経伝達物質検査を提供します。

唾液ホルモン検査サンプルレポート


推薦図書:

『最適な精神衛生状態を回復するためには、体内に欠けているものを補給し、これらの必須の脳内化学物質を自然に正常化させることが重要なのです。』
心の魔術P188

心の魔術は、心の機能に密接に関わる臓器系に影響を及ぼす原因となる化学的性質の異常を上方にさかのぼって調べることで、神経化学における代謝阻害を解明することを目的としています。

本書は以下について示されています:
心の魔術は、気分や精神疾患を安全で効果かつ、自然にコントロールする一助となる参考書です。
独自の不均衡を評価する標的となる
栄養素を補給し、脳内化学物質のバランスをとる方法


db